合格祝い+α

 大学合格を決めた次女Nanamiに、ASUSのTransBookをプレゼントしましたが、大学4年間で、それなりに保存容量が必要なのだろうなぁ~。光学ドライブも欲しいだろうなぁ~。と考えていたところでした。

 そんな訳で、親バカかもしれませんが、外付けハードディスク、光学ドライブ、USBハブ(ACアダプター付)、USBメモリー(32GB)を購入しました。

 この辺が、そろいますと、普通のパソコンとほぼ同じことができることになったと思います。

 このような環境がそろったため、昨日は、私がしてあげられることとしまして、以下のことを行ってあげました。

 まず、USBメモリーは、データを保存するためではなく、回復ドライブの作成目的で購入したものでした。

 回復ドライブは、ASUSのTransBookを購入時の状態に戻すこと等ができます。最悪の状況となったときに必要となるものですね。

 次に、外付けのハードディスク利用では、もちろん、今後、いろんなデータを保管してもらうためですではありますが、昨日は、ここに、システムイメージを作成しました。これを作っておけば、ASUSのTransBookに問題が生じたようなときに、昨日のの状態に戻すことができる訳であります。また、システム修復ディスクも作成しておきました。

 今回の作業は、ASUSのTransBookに問題が生じたときに、昨日の状態に戻せるようにしておく、また、何らかなの原因で、昨日の状態に戻せない場合、工場出荷時の状態に戻せるようにもしておくためのものでありました。そこそこ、時間はかかりますが、行っておくと安心なのであります。

 なお、USBハブが、ACアダプター付を用意しなければならなかったのは、ASUSのTransBook自体のUSBポートにハードディスクや光学ドライブを挿しても、電力不足で作動しない若しくは不安定な状況になってしまうためです。要は、ASUSのTransBook自体に、それだけの電力供給能力が無いと言うことであります。

 さて、これで、次女へのプレゼントで、私がして上げることは終了であります。後は、自由に使ってくださいであります。

コメント

  1. kaion より:

    おはようございます。

    至れり尽くせりですね。
    うちは娘が東京なので何かしてあげたくても出来ない状態です。
    息子はPCの代わりにタブレットを購入してそれで色々と調べて
    いるみたいです。

    • akira より:

      こんにちは!
      ついやってしまうのですよね。
      まぁ、一人暮らしが始まったら、
      うちの次女も、自分でいろいろやることでしょう。